2017年5月31日

栄養素豊富な生スピルリナ

スピルリナとは、35億年もの太古から地球上に存在している藻類の一種です。奇跡のスーパーフードとして、日本だけでなく世界的に注目を集めており、人間の体に必要不可欠といわれるタンパク質、ビタミン、ミネラル、脂質、糖質の五大要素が豊富にふくまれています。WHOではスピルリナを優れた栄養食として高く評価しています。スピルリナとはラテン語で「らせん」という意味です。顕微鏡でスピルリナをのぞくと、藻体がコルク抜きのようにねじれていて、じっさいにらせんの形状をしていることが確認されます。大きさは幅0.005~0.008mm、長さ0.3~0.5mm程で濃緑色を呈しています。スピルリナは強アルカリ性、高温という普通の藻ではとうてい耐えることができないような過酷な環境下の中でも、その姿や性質を変化させることなく静かに生息してきました。その強靭な生命力の秘密は「フィコシアニン」という成分にあるといわれています。「フィコシアニン」はスピルリナをふくむ一部の藻類からしか摂取することができません。生スピルリナはスピルリナを急速冷凍させており、本来のスピルリナの栄養素が壊れることなくふくまれています。生スピルリナには、においやクセがほとんどないのでジュースやヨーグルト、ドレッシングなどと混ぜて誰でもおいしく食べることができます。ふだんの食生活の中で、栄養不足が気になっているという人には、生スピルリナは最適といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です